需要と供給

俳優や女優であれば、 できることなら演技で評価されたいものです。

でも実際は需要と供給の問題で、マーケットに必要な人材が仕事を得ていきます。そしてそれは、必ずしも演技力を最優先に考えられていない場合も多いです。

ただし、日本でもわずかながらそうした可能性は残されています。

そしてそれは高い競争率の中でも、とりわけ難しい挑戦となります。

そこを目指しているある一定層は、こうして日々準備をしてその機会を待っているのです。

投稿を作成しました 31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る