撮影現場や稽古場は練習場ではない。

2019年(今年)5月にFAL主宰の渡部が ”演劇集団BAC” を旗揚げ公演します。

3月から稽古が始まりますが、舞台の稽古は練習や演技WSの場ではありません。FALのような場所で、普段から演技を研究トレーニングしているひとがいきなり作品を作る場所です。

仮に毎月舞台公演に参加していても、それでは研究の時間がないので頭打ちになります。アウトプットがインプットを上回ったとき、成長は止まります。撮影現場と一緒です。現場で練習が始まったらみんなびっくりします。

ただし舞台公演と呼ばれるものは完全なプロフェッショナルから兼業アマチュアまで、いろいろなスタイルでいろいろなひとが参加しており、さらには個人によって優先順位も違います。

ですからもし俳優を名乗って、俳優業を研究せずに舞台公演を続けてやりがいを感じていても、それは間違いとは言えません。

ただしあなたがプロの俳優でいることを考えているなら、そうした周りに関係なくプロとしての準備が必要になってきます。多くのひとはそれをしませんから、少数派だとしても気にしないでください。

https://bac-since2018.com/

投稿を作成しました 33

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る