即興とシーンの乖離(かいり)。

本日は通常のアクティングメソッドのほかに、即興を利用した役作りをしていきました。

即興を行うWSは数多いですが、やり方が解らない限り、なかなか台本とは具体的に結び付けられません。

即興は即興。シーンはシーン。

いつか無意識に効力が発動すれば。。

そんな風に、意外に漠然と学んでいる方が多いものです。とはいえ実際はそれほど難しくありません。ただし他のトレーニングと同じく繰り返し追求していく必要があります。

全てのトレーニングは良い作品を生み出すことに使われます。もちろん即興も積極的に利用します。

投稿を作成しました 33

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る