リアルは退屈なのか。

私はむかし俳優座の養成所で演技を学びました。演劇には時代により流行があります。俳優座は”新劇”と呼ばれる時代のひとつで、実際に芸能界を代表するスターを多数輩出しました。かつて日本では例えば歌舞伎に見られるようなぶっとぶLIVEがあり、それらのふり幅として海外から真逆のリアリスティックな表現が輸入されてきました。

”リアル”というのは、ともすれば”退屈な”作品になります。しかし”観客に共感させる力”は他に類を見ません。この違いは何か。

おそらくリアルに見えて、その実、観客を惹きつける情報の密度が、普通の空間より圧倒的に高いのだと思います。日常と同じであれば、そんなリアルはどこにでも転がっていて、チケットを買う理由がありません。

投稿を作成しました 31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る